各分科会の俯瞰図

★中堅・中小企業の『人工知能(AI)導入の窓口』★

■【分科会・経済活動の簡潔な目安】
1.各分科会は参加各社・各員の自由な発想と発意を大切にし、AI研の趣旨に沿った自由な経済活動を行うことができます。
2.各分科会はAI研の本会の協力を得て、複数の公式サプライヤーを推薦・獲得・選任することができます。
3.経済活動が軌道に乗った各分科会は、AI研の本会の定めるルールに沿った事業計画書や収支計画書など各種の計画書をまとめ、実行・実施することができます。

 

★各分科会の概要(2016年12月時点)★

【1】『【AIの窓口】分科会』(座長・井上役員)
※事業機会:当初の発想は『保険の窓口』。CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)からSCM(サプライチェーン・マネジメント)まで、企業の業務プロセス改善のためのAI導入のコンサル業を目指しています。

【2】『AI研/金融の窓口』(座長・人選中)
※事業機会:人間の良きパートナーとしてAI導入を図る銀行業、保険業、証券業、決済業、各種コンサル業など。

【3】『AIインバウンドの窓口分科会』(座長・人選中)
※事業機会:訪日客を対象とした観光旅行業、ホテル旅館・民泊業、流通小売業、飲食サービス業、自治体・各種団体機関などでのAIを活用したマッチングビジネスなど。

【4】『AI研/広報・出版の窓口分科会』(座長:土屋代表理事)
※事業機会:マスコミ対応のコンサル、記者会見の企画・運営、プレスリリース企画制作の請負、書籍や印刷物の企画制作の請負など。

【5】『AI研/広告・販促の窓口分科会』(座長・人選中)
※事業機会:広告コンサル(オンライン、オフライン)、広告の企画制作、販促物の企画制作など。

【6】『AI研/モバイルの窓口分科会』(座長・人選中)
※事業機会:各種モバイル機器向けのコンテンツの企画制作、特にスマホ向けアプリの提案・制作・共販など。

【7】『AI研/自動運転の窓口分科会』(座長・人選中)
※事業機会:国産の大手メーカー各社に限らない、輸入車や商社・卸、各種ベンチャー企業などの発表機会の提供、販路開拓のお手伝いなど。

【8】『AIオムニチャネルの窓口分科会』(座長・人選中)
※事業機会:組織変更など、ネットとリアル双方で存在感を示す方法の提供、キーポイントのPDCなど。

 

★各分科会の俯瞰図(2016年12月時点)★

 

 

AI研究会
本部

 

【1】 『 【AIの窓口】分科会』 (座長・井上役員)

 

【2】 『AI研/金融の窓口』 (座長・人選中)

 

【3】 『AIインバウンドの窓口分科会』 (座長・人選中)

 

【4】 『AI研/広報・出版の窓口分科会』 (座長:土屋代表理事)

 

【5】 『AI研/広告・販促の窓口分科会』 (座長・人選中)

 

【6】 『AI研/モバイルの窓口分科会』 (座長・人選中)

 

【7】 『AI研/自動運転の窓口分科会』 (座長・人選中)

 

【8】 『AIオムニチャネルの窓口分科会』 (座長・人選中)